スワロフスキーのムーンライト加工とシマーエフェクトの違いについて

シマーエフェクトのスワロフスキーが増えてきましたね。
先月購入したビーズを紹介するのをすっかり忘れていました。
今回は加工されているビーズメインで購入しました。


左上から
#6430ライトアメジスト14mm
#6430サファイアシマー14mm
#6228ライトアメジストシマー18×17.5mm
#6228ライトシャムムーンライト18×17.5mm
#6430クリスタルAB14mm
#6228ブルージルコンシマー14.4×14mm
#6228タンザナイトムーンライト14.4×14mm

どの色も可愛いです。ライトシャムはシマーよりムーンライトの方が個人的には好みですね。シマーエフェクトは青色に合います。

スワロフスキーの加工については別の記事でも少し触れています。
AB加工やシマーエフェクトについての記事

上記の記事で触れなかったムーンライト加工をメインに今回は紹介していきます。

ムーンライト加工

AB加工やシマーエフェクト同様、片面に蒸着のような感じの加工がされているスワロフスキーです。
オーロラというよりは、控えめのシルバーといった感じの大人びた上品な加工です。

シマーエフェクトとムーンライト加工は結構似ていると思います。ABはオーロラというか黄色成分強めで虹色。
私はAB好きです。目立つから。


シマーエフェクトとムーンライト加工の違い

クリスタルシマーのビーズを買ってようやく気付いたのですが、シマーエフェクトはピンクに近いです。

だから赤系統では全然目立たず(というか加工が何色かよくわからない)、ライトサファイアシマーなんかでは凄くエフェクトが主張してたのですね。

シマーに比べるとムーンライトはおとなしめの加工で、元の色が透けて見えます。
シマーもABに比べると若干元の色が透けて見えますけどね。ほんとに若干ですが…
オーロラではないけど加工は結構主張してくるスワロフスキーで、裏表どちらでも楽しめます。

スワロフスキービーズは最近シマーエフェクトが多め

新色でAB加工が出て来ることがあまりなくなってしまいましたね。
ムーンライトは加工されたビーズがそもそもそんなに多い印象はありません。

2000番台や1000番台はエフェクトも豊富なのですが…。
by カエレバ




★その他の記事は左上の[≡]からご覧頂けます。

【舞洲の各施設への行き方】大阪舞洲ネモフィラ祭りに行ってきた【2019開花状況】

【開花状況】大阪で辺り一面ピンクのれんげ畑を見に行ってきた【高槻】

【バスツアー情報一覧等】2019年大阪舞洲で100万株のネモフィラ祭り

【見頃2019年版】大阪市福島区に野田藤を見に行ってきた【発祥の地】

【新五千円札】大阪市内の藤の名所、のだふじ発祥の地から藤巡り